軽自動車の名義変更(譲渡・売買) | 愛知車庫証明サポートセンター

軽自動車の名義変更(相続・売買・譲渡)

必要書類

申請書(OCRシート)【軽第1号様式】
(記載例を下に載せて置きますね!)

車検証の原本(必ず原本でないといけません!)
申請依頼書(委任状)⇒ダウンロードはこちら

新使用者の住所を証する書面(住民票の写し又は印鑑証明書)
発行から3か月以内のものでないと無効になるので注意してくださいね!
ナンバープレート

車の保管場所の管轄が変わるのであれば、現在のナンバープレートを陸運支局へ返却し、新しいナンバープレートに交換となります。(愛知県内で管轄が変わるかどうかはこちらで確認できます)

行政書士つばめ事務所へ名義変更をご依頼頂く方は前後2枚をドライバーで外して書類と合わせてお送りください。

 

軽自動車税申告書・自動車取得税申告書⇒陸運支局の窓口にあります。
(4枚つづりの複写式となっております。記載例を下に載せて置きますね!)

ケースごとの必要書類⇒ケースごとに変わるのでご連絡頂ければお調べ致します。
例えば相続による名義変更の場合、除籍謄本などの被相続人(旧所有者)がお亡くなりになったことと相続人(新所有者及び使用者)の関係を証明する書類が必要
例えば法人が新所有者及び使用者になる場合などは3か月以内に発行された法人の登記事項証明書等(印鑑証明書でも可)が必要

手続きの流れ

必要書類の準備 特に新使用者の住所を証する書面(住民票の写し又は印鑑証明書)を忘れやすいです。最初に市役所へ取りにいきましょう!
書類が集まったら管轄する陸運支局へ向かいます!⇒愛知県の管轄はこちらから確認できます。
陸運支局にOCRシートと税金の申告書があるので記入したら持参した書類と合わせて提出!(他管轄からの変更であればナンバープレートも返却)
新しい車検証を入手!(他管轄からの変更であれば新しいナンバープレートも入手)
管轄の警察署に車庫証明の届出を行う(届出が必要な場合と不要な場合があります)

お忙しいという方は行政書士つばめ事務所にご依頼ください

 

軽自動車の名義変更(移転登録)料金のご案内

 

ご利用地域

料金
(税抜)

名古屋市、半田市、津島市、常滑市、東海市、大府市、知多市、豊明市、日進市、愛西市、弥富市、あま市、長久手市、東郷町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町 12,000円
春日井市、瀬戸市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊山町、大口町、扶桑町、一宮市 10,000円

岐阜市、大垣市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、本巣市、郡上市、海津市
羽島郡、養老郡、不破郡、安八郡、揖斐郡、本巣郡、加茂郡、可児郡

12,000円
その他の地域  別途見積もり
オプション
住民票や印鑑証明書の代理取得 2,000円
所有権留保の解除(車検証の所有者がディーラー等でローンを完済している場合) 3,000円